ニュース

  • じゃがいもの品種紹介:インカのめざめ

    インカのめざめはじゃがいもの原産地・南アメリカ大陸のアンデス地方で育てられている品種(ソラナムフレファ種)から、日本での栽培向けに交配を進めて作られました。農家としてはやや育てにくく作付けシェアはじゃがいも全体の0.3%(2019年)に留まるものの、これまでのじゃがいもとは大きく異なる特徴から消費者からの人気が高い品種です。
  • じゃがいもの品種紹介:メークイン

    「メークイン」はイギリス原産の品種で、日本には大正6年、アメリカを通じて輸入されたとみられています。語源は中世の春のお祭りで選ばれる女王「May Queen」です。
  • じゃがいもの品種紹介:男爵いも

    「男爵」は日本国内でもっとも栽培されている品種で、全国の作付シェアの16.5%を占めています(平成29年データ。令和元年度いも・でん粉に関する資料による)。丸くゴツゴツとした姿は多くの人が思い浮かべる「じゃがいも」の代表的なイメージでしょう。