ニュース

  • 連作障害とは一体何?

    前回は大成功だったのに今シーズンのじゃがいもはいまいち……。もしかして前回と同じ土でじゃがいもを育てていませんか? じゃがいもをはじめとして、家庭菜園では同じ土で同じ野菜を育てると栄養分が不足したり、病気が発生しやすくなったりします。今回はこういった「連作障害」について詳しく見ていきましょう。
  • じゃがいもの保存方法

    PAUL POTATOの家庭菜園で収穫した新鮮なじゃがいも。できればおいしさを保ったまま、できる限り長く保存したいですね。今回はじゃがいもの保存方法のコツをご紹介します。
  • じゃがいもの花は摘むべき?

    9月くらいに育て始めたじゃがいも。そろそろ花を付け始める時期ではないでしょうか?

    じゃがいもは野菜の花のなかでも美しく、家庭菜園で育てていても見栄えがします。しかし花に栄養が取られてしまい、いもがやせてしまわないかと思っている方もいると思います。

  • じゃがいも収穫の時期と方法

    PAUL POTATOを使ったじゃがいも栽培は順調ですか?KUMADEで育てているじゃがいもも写真のように、大きく成長してきました。

    今回はじゃがいも収穫の目安と、だいたいの時期について解説します。

  • じゃがいもの品種紹介:インカのめざめ

    インカのめざめはじゃがいもの原産地・南アメリカ大陸のアンデス地方で育てられている品種(ソラナムフレファ種)から、日本での栽培向けに交配を進めて作られました。農家としてはやや育てにくく作付けシェアはじゃがいも全体の0.3%(2019年)に留まるものの、これまでのじゃがいもとは大きく異なる特徴から消費者からの人気が高い品種です。
  • じゃがいもの品種紹介:メークイン

    「メークイン」はイギリス原産の品種で、日本には大正6年、アメリカを通じて輸入されたとみられています。語源は中世の春のお祭りで選ばれる女王「May Queen」です。
  • じゃがいもの品種紹介:男爵いも

    「男爵」は日本国内でもっとも栽培されている品種で、全国の作付シェアの16.5%を占めています(平成29年データ。令和元年度いも・でん粉に関する資料による)。丸くゴツゴツとした姿は多くの人が思い浮かべる「じゃがいも」の代表的なイメージでしょう。

  • じゃがいもの「芽かき」「土寄せ」

    じゃがいもが無事芽を出した後、必要とされるのが「芽かき」「土寄せ」といった手入れ。今回はこれらの対策がどうしておこなわれるのか、そしてPAUL POTATOでの事情を踏まえて考えていきます。
  • PAUL POTATOに土を入れよう

    今回はPAUL POTATOに土を入れる方法についてご紹介します。注文から皆様のお手元に届くまでの間、ホームセンターなどで準備をする目安にしてください。
  • PAUL POTATO【スチール3段】を組み立てよう

    皆様のお手元にお届けするPAUL POTATOは、プラスチック製はそのまま使える一方、スチール3段タイプは皆様が1段1段組み立てる必要が出てきます。今回はこの組み立て方について解説します。

  • PAUL POTATOのおすすめ配置ポイント

    プランターを買うときに気になるのがそのサイズ感。思ったより大きくて場所を取ったり、逆に小さすぎてあまり植物を植えられないなんてことも少なくありません。 そこで今回は実際に、さまざまな場所へPAUL POTATOを置いてみて、どのようになるか見てみましょう。
  • 植え付ける前におこなうじゃがいもの「芽だし」

    これからじゃがいも作りにチャレンジしようとしている方。買ってきたじゃがいもをそのまま土の中に植えようとしていませんか?じゃがいもを確実に成長させるため、まずはじゃがいもの「芽だし」をおこないましょう。